寝具コラム by Matt Rochow2023年12月28日読了目安時間: 14

上級睡眠健康指導士がおすすめ!枕の選び方【コラム】- コアラマットレス

引っ越しや、マットレスを新調したタイミングで、インテリアショップや寝具店に駆け込んで枕を探したものの、店頭にずらりと並ぶ数多くの枕に圧倒され、どれを選べばいいか分からない…と途方に暮れたことのある人も多いのでは?

枕選びって難しいですよね。でも理想の枕に巡り合えたなら、まるで子どもの頃のようにぐっすり深く眠ることもできるんです。これまで多くのお客様の枕を見立ててきた、上級睡眠健康指導士でコアラマットレス社員の石川が、あなたにぴったりの枕の選び方を解説します。

 

1. 枕選びは硬さ・高さ・素材の3つのステップで!

店頭で枕を選ぶときは、手で触ってかたさを確かめたり、好みのサイズをチェックしたりして、「こんどこそ理想の枕が見つかりますように」と悩みながら直感で決めてしまいがちです。でも、実はぴったりの枕を見つけるには、ロジカルに「硬さ」「高さ」「素材」の3つの角度から検証する必要があります。さっそく、あなたの理想どおりの快適な枕を見つけるために、一つづつ確認していきましょう。

 

1.「硬さ」と寝姿勢の関係

枕を選ぶときに真っ先に気になるのが硬さかもしれません。そばがら枕やパイプ枕のように、しっかり硬めの感触が好みの人もいれば、ふんわり雲に包まれたような羽根枕が好き、という人もいます。

枕のかたさと寝姿勢の関連性について言えば、硬めの枕は安定性が高く首をしっかりホールドしてくれ、柔らかい枕に比べて寝返りを打ちやすいという特徴があります。いっぽう、柔らかめの枕の特徴は首への負担を軽減し、圧力分散が期待できるということ。

枕を選ぶときは、まず最初に、普段どんな姿勢で寝ているか考えてみましょう。

 

2. 理想の「高さ」の見つけかた

好みの硬さを絞り込めたなら、次は高さを確認しましょう。最適な枕の高さは、寝姿勢や体格によってそれぞれ異なりますが、目安となるのは、横たわったときに、顔が天井と平行になる高さです。首がのけぞったり、逆にうつむいてしまうのであれば、枕の高さを見直したほうがいいでしょう。枕の高さが合わない場合、ストレートネックなど首のトラブルにも結びつきかねません。

適切な高さの枕は、心地よい睡眠への大切な一歩です。朝、起きたときに肩こりや背中の痛みなどを感じることのない、首や背骨に無理な負担がかからない高さは人によって異なります。体格や体型によって首の長さや肩の広さは異なり、また寝返りが多いかどうかなどでも快適な高さは違ってきます。人に勧められた枕が自分には合わなかったというケースは、これが理由です。

 

3. 快適な寝心地に欠かせない「素材」をチェック

最後に素材についても見てみましょう。素材によって、枕の硬さや通気性、体温調節機能などにさまざまな違いがあります。一般的な枕の素材としては、羽毛(ダウン)、綿(コットン)、ラテックス、テンセル™などの天然素材、そして低反発ウレタン(メモリーフォーム)、ポリエステル、ジェル、マイクロビーズなどの人工(合成)素材があります。

天然素材と人工合成素材の枕のそれぞれのメリットとデメリットを簡単に紹介します。なお、眠りの快適さは、枕の素材だけではなく、枕カバーの素材によっても左右されます。枕と枕カバーを複数用意して、好みや季節に合わせて選ぶのもおすすめです。


天然素材のメリット

  • 通気性:通気性が高く、不快な湿気を効果的に逃し、吸湿性も高い
  • 肌にやさしい:心地よい眠りを誘う天然ならではの快適な肌ざわり
  • サステナビリティ:自然素材が原料なので地球にやさしい

天然素材のデメリット

  • 価格:合成素材よりも高価なものが多い
  • お手入れ:合成素材の枕よりも洗濯や乾燥が難しい場合が多い
  • 耐久性:一部の天然素材は耐久性に欠けることもある

人工素材のメリット

  • 耐久性:天然素材よりも丈夫で長持ちすることが多い
  • メンテナンス:丸洗いできたり、気軽にお手入れできる場合がある
  • 高機能:形状記憶や体温調節機能など、高性能な素材を使うことができる
  • カスタマイズ性:複数の素材の強みを活かし、ユーザーのニーズに応えたカスタマイズが可能

人工素材のデメリット

  • 通気性:一部の人工素材は天然素材よりも通気性や吸湿性に劣る場合がある
  • アレルギー:一部の人は、化学物質によるアレルギー反応を起こす場合がある
  • サステナビリティ:自然由来の素材ではなく、再生できない素材から作られている

 

2. きっと理想の枕が見つかるはず!コアラの人気ピロー


「至福の眠りをお届けする」がモットーのコアラマットレスは、もちろん枕についても妥協しません。コアラマットレスで培われた高度な睡眠テクノロジーは、枕(ピロー)にもしっかり生かされています。さまざまな寝姿勢や体型にフィットするよう開発されたコアラマットレスのピロー3点をご紹介します。

 

3. 日本向けスタンダード。横向き寝に最適なコアラピロー

コアラピローがおすすめなのは…

寝返りをよく打つ、横向き寝が好きというタイプには、ぜひコアラピローをおすすめします。また、仰向けで寝る場合でも、高めの位置で頭部がしっかりホールドされるため、骨格が大きめで筋肉質のタイプに好まれやすいピローです。


コアラピローの特徴

  • 硬さ:しっかりとしたサポート感
  • 高さ:やや高め(高さ11cm)
  • 素材:ゲル入り低反発素材に、後頭部を包み込むゾーニング

コアラピローは、日本人の体型や好みに合わせ、高反発と低反発のバランスが取れた厚みと弾力性を追及したコアラのベストセラーです。現在販売している3種類の枕の中で、最もサポート力が高いため、枕にある程度しっかりとした「かたさ」を求める人におすすめできます。

横向きで寝る場合、首の位置が下がることなく最適なポジションに保たれるため、沈み込みすぎることなく心地よいサポートを提供します。また、ほどよい弾力性があるため、寝返りしやすいのも特徴です。仰向けで寝る場合は、骨格がしっかりしていたり、筋肉質の人に向いています。

 

コアラ社員Mariの一押し!
「横向き寝」派の私は、何といってもこのピローがお気に入り。寝返りして、横向きになったときでも、肩や頭がしっかり支えられる感覚が最高です!

<お求めやすい¥12,500>「コアラピロー」詳しくみる

「しっかり」サポートできる理由は、首と後頭部を異なった弾力性で支えるゾーニングです。枕の中心部に大きめの穴を配することで後頭部が深く沈み込み、枕の周辺部に設けた小ぶりの穴が首をしっかりホールドします。


快適な睡眠環境の原則は「頭寒足熱」ですが、これら大小の穴、そして素材に使われているCertiPUR-US®︎認定ゲルにより通気性が確保され、睡眠中の不快な熱と湿気を逃して頭部が快適な温度に保たれます。

※ CertiPUR-US®︎は、ポリウレタンフォームの環境面、健康面、安全性を調査する機関です。

お客様からの嬉しいコメント

コアラピローをご利用中のお客様から、実際に使ってみた感想をいただきました。こちらのページから、さらに多くのコメントをご覧いただけます。

2023年9月28日
★★★★

適度な硬さ
横向きで寝る派ですが、マットに合わせて作っているからか高さもちょうど良く、硬さも硬すぎず柔らか過ぎずちょうど良いです。

2023年9月28日
★★★★

腰が痛くなくなりました!
以前から妻が枕による腰痛に悩まされていましたが、コアラピローを使ってから腰痛がなくなりました!おすすめです!

2023年9月25日
★★★★

買ってよかった
使い始めて半年以上経つかな?という感じですが、へたりもなく寝心地もいいです。
横向き寝にも仰向け寝にもちょうどいい高さで、夫にも私(女性)にもちょうどよく使えるサイズ感です。
もう一個買うか検討中です。

 

4. 1年を通して爽やかで快適!コアラリフレッシュピロー


コアラリフレッシュピローがおすすめなのは…

柔らかめのテクスチャーが好みの人。睡眠中に寝返りを打つ頻度が少なく、仰向けになってぐっすり寝る方におすすめ。あまり高さがないため、骨格が細めで、筋肉があまり多くない方に向いています。ひんやりした感触が頭をクールダウンしてくれるため、ベッドの中で考えごとにふけってしまいがちな人にもおすすめです。


コアラリフレッシュピローの特徴

  • 硬さ:やさしく沈み込むもっちり感
  • 高さ:ふつう(高さ11cmだが、頭を乗せると沈み込むために低めに感じる)
  • 素材:冷感ジェルコーティングにSensapole機能(温度調節機能)を備える

コアラリフレッシュピローは、寝転んで頭を載せるとやさしく沈み込む、コアラピローよりも柔らかいテクスチャーが特徴。優しい柔らかさから「日本人好み」として人気を集め、TBS系列の情報番組『サタデープラス』では、14種類の枕の中から最高評価を得たピローに選ばれたほどです。

 

<メディアでも話題!>コアラリフレッシュピロー 詳しく見る


前述のコアラピローと同じ高さ(11cm)ではあるものの、もっちりした感触で弾力性が低いため、比較するとこちらのほうが低く沈み込みます。また、横向き寝で使う場合は高さが足らず、頭が下がってしまうと感じられるでしょう。仰向け寝の人におすすめですが、うつぶせ寝の場合も使いやすい枕です。

 

コアラ社員Kyoの一押し!
骨格が細く、胸板が薄い体型で、しかも後頭部が張り出しているために、ずっと枕難民だった私。初めて頭を載せた瞬間、後頭部の心地よいホールド感に大感激。以来、手放せず2つ常備しています。

 


コアラリフレッシュピローは、前述のコアラピローと同様に、大小の穴を組み合わせて通気性や後頭部のゾーニングを確保しています。加えて、素材に使っている独自のテクノロジーにより、頭を載せるとひんやり爽やかな空気感に包まれるのがリフレッシュピローの特徴。真夏だけではなく、1年を通して快適な寝心地の秘訣をご紹介します。

冷感ジェルコーティング

画像の水色の部分が冷感ジェルでコーティングされており、触れるとひんやりした触感です。入眠を促す冷却効果を最大限に生かすため、カバーにメッシュ素材を採用。冷感ジェルコーティングは片面だけなので、寒いシーズンには反対側を使うこともできます。

消臭抗菌の竹炭

ピロー本体の黒い部分には、消臭抗菌作用のある竹炭を使用。汗やムレによる不快なにおいを防ぎ、長期間清潔で快適な睡眠環境を提供します。

Sensapole機能

コアラの最高峰マットレス「Bamboo」にも採用されているSensapole機能(温度調節機能)を採用しており、熱の吸収・蓄熱・放出を効率的に行うことで、蒸し暑い季節だけではなく、1年を通じてずっと快適な温度に保たれます。

 

<メディアでも話題!>コアラリフレッシュピロー 詳しく見る

 

お客様からの嬉しいコメント

コアラピローをご利用中のお客様から、実際に使ってみた感想をいただきました。こちらのページから、さらに多くのコメントをご覧いただけます。

2022年7月23日
★★★★

睡眠の質が向上しました!
体格にも合っており、深い睡眠を得る事が出来ました。
マットレスの購入も検討したいと思います。

2023年10月7日
★★★☆

若干高いけど寝やすい
有明ガーデンのポップアップで購入しました。マットレスはオリジナルコアラマットレスを使っています。枕は合うものがなかなか無く、コアラピローも高さが高すぎ、固すぎてダメでした。
このリフレッシュピローはコアラピローよりも柔らかく、少し沈み込むので、コアラピローよりは多少低く感じます。それでも私には若干高いようで、気づいたら枕の端の斜めになっている低い部分に無理やり寝ていたり、枕から落ちている事もあります。
それでも柔らかさや熱がこもらない感じは好きです。使い込んでいって、高さがヘタるのを待ちたいです。ふんわりピローも試させてもらいましたが、綿がパンパンに詰まっていて、とても高く、思ったよりも柔らかく感じませんでした。
熱がこもる感じも好みでは無く。一番値段もしましたが、リフレッシュピローにして正解だったと思います。弾力がありつつ柔らかく、高さがある枕が好きな方にはおすすめです。ポップアップや表参道に行ける方は会場限定の割引が適用されるので、会場購入一択です。

2022年7月15日
★★★★

かなり柔らかい枕です。
また、想定していたよりも大きめで満足しています。
仰向け、横向き、うつ伏せ、どの体制でもストレスになりません。
オーダーメイドの枕も考えておりましたが、コスパの面を考えるとこちらを選択してよかったと思っています。
満足しています。

 

5. ふわふわの寝心地!コアラふんわりピロー


コアラふんわりピローがおすすめなのは…

ハリウッド映画に出てくるような、ふんわりふかふかの羽根枕が大好きなあなたには、きっとこの枕がお気に召すはず。柔らかく、頭部が「ふかっ」としっかり沈み込むタイプのコアラふんわりピローは、がっちりとした体型の人や、欧米の人などに好まれます。たっぷりボリューミーなので、抱きまくらとしてもおすすめです。ただし、沈み込みが深いため、寝返りの多い人にはあまり向きません。

 

コアラふんわりピローの特徴

  • 硬さ:ふんわり柔らか(かたさが選べるリバーシブル)
  • 高さ:15cmだが、頭を載せると深く沈み込む
  • 素材:羽根枕タッチのマイクロファイバー素材

まるで羽根枕のような贅沢に包み込まれる寝心地のコアラふんわりピロー。好みの寝心地を選べるように、2種類の素材を使用しています。下の画像の青いシートの入った側は、冷感ゲル入りメモリーフォームを使用し、頭部をしっかりサポートする「ややかため」の感触。反対側は羽根のようにふんわりとしたマイクロファイバーを使用

※ サステナビリティの観点から、本物の羽根は使用していません。

 

<お求めやすい¥12,500!>コアラふんわりピロー 詳しく見る

3種類のピローの中で、最も深くずっしりと沈み込むため、包み込まれるような柔らかな寝心地が特徴です。「柔らかい」側はシリコン加工されたマイクロファイバーを使っており、きめ細やかな繊維が心地よい弾力感をもたらします。

ふんわりと頭部を包み込み、かつ適度にサポートするため、体型にフィットすれば仰向けや横向きなど、さまざまな寝姿勢でも快適に眠ることができます。

枕を包んでいるキルティングカバーには、吸湿性に優れたテンセル™リヨセル繊維を38%配合。余分な熱を外に放出し、寝汗による蒸れを防いで快適な睡眠環境をもたらします

コアラふんわりピローのキルティングカバーは洗濯できません。お好みのピローケースをご利用ください。

 

<お求めやすい¥12,500!>コアラふんわりピロー 詳しく見る

 

コアラ社員Yamadaの一押し!
まるで欧米系のようにがっしりとした体型の私。コアラピローでは寝返りしにくかったのですが、コアラふんわりピローに変えたところ、スムーズに寝返りできるようになりすっかり安眠の毎日です!

 

お客様からの嬉しいコメント

コアラふんわりピローをご利用中のお客様から、実際に使ってみた感想をいただきました。こちらのページから、さらに多くのコメントをご覧いただけます。

2023年11月4日
★★★☆

ぐっすり眠れます
柔らかすぎるかな、と思いましたが頭が包まれる感じでとても気持ちがいいです。肩凝りも軽減してきた気がします。

2023年11月4日
★★★★

最高の枕に出会えました!
枕難民でいろいろなタイプを試しましたが、今回は使い始めからしっかりとなじんで手応え感じました。
お試し期間が長く安心して使えるので、いろいろな体調の時にも検証することができるのも助かりました。
いつも気がつくと枕を外して寝ている家族にも勧め、2個目も購入しました。
余談ですが、お届けの箱が色もステキで可愛いし開梱した時のサプライズ⁈嬉しかったです!

2023年4月29日
★★★★

コアラふんわりピロー
枕全体がふんわりしているので、枕に当たる首・肩・耳などが痛くならず、どんな寝相にも対応してくれます。
上向きだと自分には少し高すぎるのですが、体が痛まないし横向きが落ち着くので、コアラピローよりこちらの方が合っているようです。
トライアル期間に使い心地を確認できるので、とても助かっています。

 

コアラのピロー診断で理想の「まくら」をチェック

枕選びは、心地よく上質な睡眠環境のための大切な第一歩です。かたさ・高さ・素材の3つの角度から、おすすめの枕のタイプをご説明しましたが、コアラマットレスでは、簡単なクイズに応えるだけで、あなたにぴったりの枕をアドバイスするピロー診断もご用意しています。ぜひ、ボタンをクリックして、「理想の枕」に巡り合ってください。

ピロー診断に進む

 

 

こちらもおすすめ
【上級睡眠健康指導士監修】折りたたみマットレスの3つのデメリットを徹底解説|簡単にできる対策をすれば問題なし!
記事を読む
【上級睡眠健康指導士監修】通気性の良いマットレスの素材や特徴とは?今すぐできるカビ対策についても解説
記事を読む
【上級睡眠健康指導士監修】マットレスをソファ代わりに使うのはNG!部屋のスペースを有効に使うには?
記事を読む